MENU

レンタル彼氏として私の相手をしてくれた男性はもの凄くイケメンだったので、その点に関しては私は大満足でした。それに夫に内緒で他の男性とデートをしているという事もあり、もの凄くドキドキしていました。食事を済ませデートも中盤に差し掛かったころ、私は「これからどこに連れて行かれるんだろう、どんなドキドキが待っているんだろう」期待していたのですが、その期待に反してその後のデートは至って事務的なもの。食事以外は街をただひたすら散歩するだけなのです。もちろん手を繋ぐことも腕を組むこともありません。ただただ二人並んで歩くだけの何ともつまらないデートが続きました。この事により私のドキドキは次第に冷めていきました。レンタルとはいえ一応彼氏という事になっているのですから、散歩以外にも何かプランを立ててきてほしかったというのが正直な気持ちです。ましてやお互いに良い大人です。ましてや恋愛経験に乏しい中高生じゃあるまいし、手も繋がずに散歩ってあり得ないでしょう?

 

ですが文句を言うことは出来ません。私はレンタル彼氏に促されるままひたすら街を歩き続けました。そしてデートが終わりに差し掛かったところで、相手の男性が驚くことを口にしました。「今日はありがとうございました。とても楽しかったです。藍さんも楽しんでくれたなら良いんだけど。ではお会計をお願いします。今日のデートは3時間になりますので合計で36000円になります。領収書は必要ですか?」と…

 

この言葉により冷めかけていたドキドキ感は一気に消え去り、それどころか何とも惨めな気持ちになりました。もちろん相手の男性は仕事としてデートをしてくれたわけですし、私はお客ですからお金を払うのは当然です。しかしここまで冷めた事務的な対応をしなくても良いと思いませんか?しかも36000円って高すぎでしょ!領収書が必要なわけないだろ!ちなみに明細は(1時間:6000円×3+出張料3000円+食事代15000円)とのことでした。こんなに高額なお金を払って惨めな思いをするだけだったらレンタル彼氏なんて利用せずに家で子供と遊んでいたほうがよっぽどマシでした。もちろん興味本位で利用した自分がバカなのは理解しています。ですがこの一件は私の心に大きな傷を残すことになりました。